2017UCI世界選手権大会トラック競技観戦紀行・その2(Session 5)

トラックの世界選手権大会を観戦しに香港に行ってきました。そんな話を書いています。

 

4月14日の続き。

朝食を食べてまだまだ時間もあるのだけれど、将軍澳の界隈はいわゆる高層マンションが立ち並ぶ新興の住宅地なのでショッピングモールぐらいしか時間をつぶす場所もなく、しかしまだお店も開いていないので一旦会場の香港單車館へ行ってみることに。

f:id:takeoekuni:20170414103039j:plain

f:id:takeoekuni:20170414103116j:plain

f:id:takeoekuni:20170414124934j:plain

f:id:takeoekuni:20170414124853j:plainf:id:takeoekuni:20170414103437j:plain

f:id:takeoekuni:20170414103437j:plain

今までインターネットの向こう側だった世界についに来てしまったのだなあ、と、非常に感慨深い。

まだブースも開いていないので、各国の参加選手やスタッフが通りがかるのを眺めて、また会場周辺をぶらぶらと。時間もまあまあ潰れたので單車館からほど近い尚徳広場(Sheung Tak Plaza)というショッピングモールの麥當奴(マクドナルド)で簡単に腹ごしらえをして(注文は店内のカウンターの手前にあるタッチパネル式のディスプレイで自分でメニューを組み立ててオクトパス・カードで支払うと完了するので非常に楽でした)、いよいよ個人的初世界選観戦へ。

 

チケットは香港のTicketflapという最近流行のチケットレスサービスで予約・購入する仕組みでした。チケットを購入したらあとは発行されるQRコードを入場時にスキャンしてもらうだけで入場できました。

 

早速会場内へ。BGMも流れていて、エンターテインメント性も高く気持ちも期待も高まる。予約できたホーム側の最前列の席へ。

このあとの男子インディビジュアル・パーシュート予選の練習に余念のない今村俊介選手と飯島誠ヘッドコーチ。

f:id:takeoekuni:20170414134600j:plain

場内の様子。

f:id:takeoekuni:20170414134405j:plain

定刻になるとBGMが変わり、大型ディスプレイにオープンニングのCGが流れいよいよ!といった感じで国旗のCGを流し参加各国の紹介へ。

f:id:takeoekuni:20170414142212j:plain

照明も常設のようでバリライトを使ってしっかりと盛り上げていました(そういえば映画「破風 to the fore」でもここ香港單車館を使っていて競技場内で照明効果活かしたシーンがありましたね)。

f:id:takeoekuni:20170414142127j:plain

Session 5

  • 男子スプリント(予選・200mタイムトライアル)
  • 女子オムニアムI(スクラッチ・レース)
  • 男子スプリント(1/16決勝)
  • 男子インディビジュアル・パーシュート予選
  • 男子スプリント(1/8決勝)
  • 女子オムニアムII(テンポ・レース)

男子スプリント(予選・200mタイムトライアル)

まずはスプリント予選から。200mの個人タイムトライアルは普通に考えたらつまらない内容になりがちですが、BGMとMCを活かし場内を盛り上げていました。フライング・ラップなのでまず走路外周の助走で選手が観客の目の前を通りすぎるのを盛り上げるように。

ちょうど3コーナーあたりの席が地元の子供達(スポーツ少年団か何かのようでした)が招待されていて、間近に走る選手を食い入るように観ていたのが印象的でした。

マレーシア共和国のMohd Azizulhasni Awang選手。

f:id:takeoekuni:20170414143807j:plain

日本の河端朋之選手にも視線が。

f:id:takeoekuni:20170414145718j:plain

ロシアのDenis Dmitriev選手が9.645秒の最速タイムで予選1位通過。短期登録選手制度を利用して日本の競輪も走っているのでお馴染みですね。

f:id:takeoekuni:20170414151151j:plain

Men's Sprint Qualifying results

女子オムニアムI(スクラッチ・レース)

そして個人的に注目の女子オムニアム(オムニウム)。日本からは梶原悠未選手が参加。

f:id:takeoekuni:20170414151416j:plain

オムニアムはタイム計測系の種目が外れたので、全てのレースがフライング・スタートとなったので最前列で観る楽しみは割とそのあたりだったりします。

最初のスクラッチウクライナのTetyana Klimchenko選手がすぐそばに(そしてその前はなんとオーストラリアのAmy Cure選手でした)。

香港單車館独特の強化ガラス越しの眺めはこんな感じ。

f:id:takeoekuni:20170414151700j:plain

英国のKatie Archibald選手、アメリカのSarah Hammer選手、オランダのKirsten Wild選手、ベルギーのLotte Kopecky選手も走っているし、こちらもいままでインターネットの向こう側で追いかけていた世界が目の前の現実に!

f:id:takeoekuni:20170414152501j:plain

これだけでお腹いっぱいになりそうです。スクラッチの優勝は英国のKatie Archibald選手でした。

Women's Omnium Scratch Race Results

男子スプリント(1/16決勝)

競技の進行はスムーズで途切れるところを全く感じさせない。そしてせわしなく動き回って指示を出しているTV HOSTのビブを着た方を眺めつつ、世界選はヨーロッパを含めて世界規模でリアルタイムで中継されているため、テレビの進行のペースなのだなあ、となんとなく。

そして男子スプリント1/16決勝。最前列でやや中央よりはエプロンから出てくる選手がよく見えます。こちらはポーランドのKamil Kuczynski選手。

f:id:takeoekuni:20170414154850j:plain

個人的にはスターターのChristian Magiera氏が走路を後ろ歩きで登りながらバック側のジャッジをしているところが見れたのが収穫でした。

f:id:takeoekuni:20170414173929j:plain

男子インディビデュアル・パーシュート(予選)

続いて男子インディビデュアル・パーシュート予選。選手にペースを知らせるためにタブレットを使用するチームもいくつか。コーチの方のタブレットの操作を見ている限りではチームによってタイムの計測ポイントは異なっているようでした。

f:id:takeoekuni:20170414163130j:plain

発走機のセッティング風景。

f:id:takeoekuni:20170414171143j:plain

 Men's Individual Pursuit Qualifying Results

女子オムニアムII(テンポ・レース)

男子スプリントの1/8決勝を経て、最後は女子オムニアムのテンポ・レース。

間近で観る選手・その2はフランスのRoxane Fournier選手。

f:id:takeoekuni:20170414175419j:plain

テンポ・レースは導入された当初は競技規則だけでしか触れることができなかったもののひとつです。実際に観ると4周回過ぎてからのポイントが加算される周回に入ってからのスピード感が他の種目とは独特で飽きさせる隙がありません。

今年1月の競技規則の改定で主集団へのラップが達成できると20ポイント加算も導入されたため常に前へ出る動きが重要に感じました。

f:id:takeoekuni:20170414175751j:plain

クラッチに続きテンポ・レースも優勝は英国のKatie Archibald選手でした。

Women's Omnium Tempo Race Results

以上、Session 5の話でした。

(長くなりすぎるので男子スプリントの細かい部分まで触れられませんでした。すみません。)

2017UCI世界選手権大会トラック競技観戦紀行・その1

トラックの世界選手権大会を観戦しに香港に行ってきました。最終的に3日目から最終日5日目まで滞在することができました。その紀行文を何回かに分けて書いてみたいと思います。

今回は現地にたどり着いたあたりまでの話です。

昨年、香港での開催が決定になって日本から近いようだから行ってみよう、と日程が決定してから約半年ほどかけて少しずつ準備していました。航空券も宿泊の予約も観戦チケットの購入も全部インターネットで問題なく完結して、いざ出発。

 

4月13日深夜。

往路の飛行機は香港エクスプレスUO623便という深夜便でした。羽田空港国際線ターミナルでチェックインを済ませ(入れたレンズで規定より3kgほど重くなった荷物は見逃してもらえました)、出国手続きを済ませ、ゲート前で待機。LCCということもあるのか、手にしたパスポートを見る限り大半が香港の若い人ばかりだったので幾分か気楽な雰囲気の中で深夜の出発を待つことに。

搭乗時間になって乗り込んでからしばらくたってもゲートを離れる雰囲気もなく、コックピットのドアも半開きで何かを待っているよう。しばらくするとパイロットに書類が渡され、コックピットのドアも閉まりいよいよ離陸。室内の照明も消えて、なんとなくうとうとしていると空の上でした。途中かなり揺れましたがまだ夜明け前の香港国際空港に到着。

 

4月14日、朝。

さて入国も特に問題なく済ませ、空港の両替レートも0.632ぐらいで聞いていたほど悪くなかったので早速2万円を両替して、最初は八逹通(オクトパス・カード)の購入から(いわゆるSuicaPasmoに相当する電子マネーで、地下鉄・バスの他、コンビニエンスストアや飲食店なのでも支払いに使えます)。到着ロビーの正面が地下鉄の案内所なので、そこでたずねると"Here!"って返ってきて150HKDを支払いあっさり手に入りました。

到着ロビーの早朝から営業している飲食フロアは6:00を回った段階で早くも列ができていたので、まずは会場の香港單車館(Hong Kong Velodorome)ある将軍澳(Tseung Kwan O)までバスで移動することに。

f:id:takeoekuni:20170414072127j:plain

バスターミナルまでの途中のスロープのデジタルサイネージで世界線の宣伝をやっていて来たんだなあ、という気持ちに。表に出るといつも見ている空と普通に日本のような雰囲気の建物。

香港の路線バスは2階建て。そして料金は一律なので長く距離を乗らないとお得感がない感じ。

f:id:takeoekuni:20170414072754j:plain

将軍澳への路線はE22Aというのも事前に調べておいたのでしばらく待って無事に始発のバスに乗車できました。将軍澳は香港の東側なので西側にある空港から中心地を横切る感じ。香港ビギナーよろしくな2階の一番前の席を確保。

空港周辺の交差点はラウンドバウトなので交差点ごとにものすごく振られるのでちょっとしたアトラクション感覚があります。周辺の細かい停留所にひと通り止まったら高速道路に入り、いよいよ中心部へ。林立する高層ビルが見えてくる。

f:id:takeoekuni:20170414083619j:plain

 

f:id:takeoekuni:20170414085358j:plain

f:id:takeoekuni:20170414090220j:plain

九龍(Kowloon)の趣きのある古いビルの横を通り、再び山の風景が見え、Tseung Kwan O Tunnelと書かれたトンネルを越えるとあっさりと将軍澳に到着しました。時間にして1時間弱くらい。ほとんど高速道路を走っていたのですが、朝のラッシュのようなものは見かけませんでした。

会場の横を通り、最初の交差点を曲がったところの停留所がなんとなく宿に近そうだったのでそこで降りました。

とりあえずはホテルで荷物を預かってもらい(いきなり英語がいまひとつ通じない感じでかなり苦労したけれどなんとかなりました)、まずは13:30からのSession 5の競技開始まで将軍澳を散策することに。

ホテルのある建物の1階と2階(香港風に表記するとGFと1F)はPopCornというショッピングモールになっていて、隣のビルとも繋がっているので全体でかなり大きな商業施設となっていました。

f:id:takeoekuni:20170414092820j:plain

世界選の開催に合わせたそれらしい展示もあったりで。

朝食はこちらも事前に調べておいた、その二つ隣のビルのTseung Kwan O Plazaというショッピングモールにある大家楽(Café de Coral)へ。現地発音だとダイガーロぐらいの感じの中華ファミリーレストラン。そのあと行った店もでしたが、基本のシステムとしてはレジで注文、調理カウンターへシートを提出して作ってもらって、相席で食べる感じ。

メニューは全て広東語。ただ写真があるのでなんとなく麺類のものに目星をつけてとりあえず注文しようとレジへ。番号で注文すればいいのでそこは英語で。その後、広東語で捲し立てられるようにあれこれ言われてよくわからなかったのですが、どうやら身振りから想像するにテイクアウトもあるので店内で食べるのかどうかを聞かれていたのでした。注文に成功しなんとか朝食に。

 

ここまでで香港到着後3時間程度の話でいきなり初めて体験だらけなのだけれど、まあまあなんとかなっていると思いました。

次回は会場周辺とSession 5観戦の話です。

2017年のUCIウィメン・エリートのレースカレンダーから

前回フォローできなかったウィメン・エリートのレースカレンダーからクラス1とクラス2について。現時点で確認できる10月24日までのレースをクラス別で書き出してみました。

1day - class 1

  • 2/25 Omloop Het Nieuwsblad - vrouwen elite / Circuit Het Nieuwsblad - Femmes Elite (BEL)
  • 2/26 Spar - Omloop van het Hageland - Tielt-Winge (BEL)
  • 3/22 Dwars door Vlaanderen / A travers la Flandre (BEL)
  • 4/22 EPZ Omloop van Borsele (NED)
  • 4/29 Tour de Yorkshire Women's Race (GBR)
  • 5/7 Trofee Maarten Wynants (BEL)
  • 5/14 Dwars door de Westhoek (BEL)
  • 5/26 La Classique Morbihan (FRA)
  • 5/27 Grand Prix de Plumelec - Morbihan Dames (FRA)
  • 5/28 Gooik-Geraardsbergen-Gooik (BEL)
  • 5/29 Winston Salem Cycling Classic (WE) (USA)
  • 6/1 Grand Prix Cycliste de Gatineau - RR (CAN)
  • 6/2 Chrono de Gatineau - ITT (CAN)
  • 6/11 SPAR Flanders Diamond Tour (BEL)
  • 9/10 Chrono Champenois - Trophée Européen (FRA)
  • 9/30 Giro dell'Emilia Internazionale Donne Elite (ITA)
  • 10/17 Gran Premio Beghelli Internazionale Donne Elite (ITA)
  • 10/15 Chrono des Nations (FRA)

 1day - class 2

  • 1/28 Cadel Evans Great Ocean Road Race (AUS)
  • 3/1 Le Samyn des Dames (BEL)
  • 3/12 Drentse Acht van Westerveld (NED)
  • 3/29 Pajot Hills Classic (BEL)
  • 4/3 Grand Prix de Dottignies (BEL)
  • 4/25 GP della Liberazione PINK (ITA)
  • 5/13 Rabobank 7-Dorpenomloop Aalburg (NED)
  • 5/16 Durango-Durango Emakumeen Saria (ESP)
  • 5/20 Salverda Omloop van de IJsseldelta (NED)
  • 5/21 36. SwissEver GP Cham - Hagendorn (SUI)
  • 5/27 Horizon Park Women Challenge (UKR)
  • 5/28 VR Women ITT (UKR)
  • 6/4 Keukens Van Lommel Ladies Classic (BEL)
  • 6/9 Ljubljana-Domžale-Ljubljana TT (SLO)
  • 7/9 White Spot / Delta Road Race WE (CAN)
  • 7/14 Grand Prix of Boise (USA)
  • 8/5 Erondegemse Pijl (Erpe-Mere) (BEL)

男子のレースと併催されている大会が多く馴染みがあります。

クラス1だとオムロープ・ヘット・ニウスブラット、オムロープ・ファン・ヘット・ハーヘラントの二連戦。ヘント周辺での開催のため裏ステージ・レース的な雰囲気で、余力があるチームは微妙に選手を変えてきたり。

ゴーイク - ヘラールツベルヘン - ゴーイクやツール・ド・ヨークシャー・ウィメンズ・レースも比較的情報が入ってきやすい感じです。

クラス2ではカデル・エヴァンス・グレート・オーシャン・ロード・レース、ル・サミン・デ・ダム、ドゥランゴドゥランゴ・エマークミーン・サリアあたりは情報を追いやすい感じです。

7月のグランプリ・オブ・ボイシは今年から開催される新規のレース。

  • stages - class 1
  • 4/8 - 4/10 The Princess Maha Chackri Sirindhorn's Cup "Women's Tour of Thailand" (THA)
  • 4/28 - 4/30 Festival Luxembourgeois du cyclisme féminin Elsy Jacobs (LUX)
  • 5/17 -5/ 21 Emakumeen XXX. Bira (ESP)
  • 6/16 - 6/18 Giro del Trentino Alto Adige - Südtirol (ITA)
  • 7/12 - 7/18 Internationale Thüringen Rundfahrt der Frauen (GER)
  • 7/13 - 7/16 BeNe Ladies Tour (BEL)
  • 8/5 - 8/13 La Route de France (FRA)
  • 9/5 - 9/8 Lotto Belgium Tour (BEL)

stages - class 2

  • 1/14 - 1/17 Santos Women's Tour (AUS)
  • 3/8 - 4/11 Semana Ciclista Valenciana (ESP)
  • 3/30 - 4/2 Joe Martin Stage Race (USA)
  • 4/5 - 4/9 Healthy Ageing Tour (NED)
  • 4/19 - 4/23 Tour of the Gila (USA)
  • 4/26 - 4/28 Tour of Zhoushan Island (Shengnsi Stage) (CHN)
  • 4/27 - 4/30 Apr Gracia Orlova (CZE)
  • 5/3 - 5/7 May Vuelta Femenina Internacional a Costa Rica (CRC)
  • 7/6 - 7/9 Tour de Feminin - O cenu Českého Švýcarska (CZE)
  • 7/19 - 7/23 Cascade Cycling Classic (USA)
  • 8/21 - 8/24 Trophée d'Or Féminin (FRA)
  • 9/8 -9/10 Premondiale Giro Toscana Int. Femminile - Memorial Michela Fanini (ITA)

 

男子のレースに比べると三大ステージ・レース的なものは無く、短い日程なので物足りなさを感じるかもしれません。

しかし「理事会による例外が認められない限り,6日間に限られる」という鉄の掟系のUCIの競技規則で長い大会は設定されません。

ステージ・レースになるとアジアやオセアニアの大会も目につきます。

タイのマハー・チャクリ・シリントーンズ・カップ・ウィメンズ・ツアー・オブ・タイランドや中国のツアー・オブ・ヂョウシャン・アイランドは日本のナショナル・チームが強化遠征で参加で有名ですね。タイは現地のニュースで取り上げられるので映像は見られます。中国は情報の少ないエリアなのですが、微博のアカウントを作ってみたので今年はこちらで探してみようと思います。 

 

最後におまけ的にクリテリウムについても拾ってみました。

criterium

  •  1/4 Australian Elite Road Championships (AUS)
  • 1/26 Cadel Evans Great Ocean Road Race Albert Park Grand Prix (AUS)
  • 4/22 The Charlotte Criterium (USA)
  • 4/30 11th Annual Dana Point Grand Prix of Cycling (USA)
  • 5/7 - 5/9 Alabama Cycling Classic presents Sunny King Criterium (USA)
  • 5/13 Wilmington Grand Prix (USA)
  • 5/28 Winston-Salem Cycling Classic Criterium (USA)
  • 6/2 Oklahoma City ProAm Classic (USA)
  • 6/2 The Keystone Open (USA)
  • 6/9 - 6/11 Saint Francis Tulsa Tough (USA)
  • 6/10 - 6/11 Air Force Association Cycling Classic (USA)
  • 7/2 USA Cycling Pro Criterium National Championships (USA)
  • 7/7 - 7/9 Natural State Criterium Series (USA)
  • 7/15 ASWB Twilight Criterium (USA)
  • 7/22 - 7/23 Intelligentsia Cup p/b SRAM (USA)
  • 7/24 Daags na de Tour (NED)
  • 7/25 Profronde van Surhuisterveen (NED)
  • 7/26 Acht van Chaam (NED)
  • 7/27 Herentals Fietst (BEL)
  • 7/30 Natour Criterium (BEL)
  • 7/30 7e (Prof) Cityronde van Tiel (NED)
  • 7/31 38e Draai van de Kaai (NED)
  • 8/2 Ridderronde Maastricht (NED)
  • 8/3 33e Profwielerronde van Oostvoorne (NED)
  • 8/5 Littleton Twilight Criterium (USA)
  • 8/8 Gouden Pijl (NED)
  • 8/12 - 8/13 34th Chris Thater Memorial Criterium (USA)
  • 8/13 Profronde Etten-Leur (NED)
  • 8/19 Rochester Twilight Criterium (USA)
  • 8/26 - 8/27 River Gorge Omnium (USA)
  • 9/1 - 9/4 Green Mountain Stage Race (USA)
  • 9/11 Thompson Criterium of Doylestown (USA)
  • 9/16 Mayor's Cup Boston (USA)

国際大会のカレンダーとしてのクリテリウムはオーストラリア、アメリカ、オランダ、ベルギーでのみ申請されている感じです。しかしこうやって書き出してみると、アメリカでは本当に毎週末クリテリウムを開催している感じがよくわかりますね。

2017年のUCIウィメンズ・ワールド・ツアーのカレンダーから


2017 UCI Women's WorldTour

以前から女子レースのことについていろいろと言及してきましたが、UCIのサイトに2017年のカレンダーが出揃ったので個人的に整理するために書き出してみます。

 

今回はウィメンズ・ワールド・ツアーについて。ウィメン・エリートのクラス1とクラス2のレースについては扱う範囲が広がるため、別の投稿でフォローします。

 

まずロードレースのウィメン・エリート(以下WE)というカテゴリーから。規格は男子コンチネンタル・チームと同じ。

8名〜16名の「チームの構成員としてUCIに登録された競技者」と契約された選手と、チーム代表者,スポンサーおよび,チーム代表者および・またはチーム・スポンサーによって契約されたその他のチームの継続的な活動を促進するすべての人(管理者,チーム監督,コーチ,その他)で構成。そして銀行保証も必要。

(詳細はUCI競技規則"PART 2 ROAD RACES Chapter XVIIREGULATION FOR WOMEN'S AND CONTINENTAL TEAMS"に規定されている通り。)

なお、WEチームに所属する日本人選手は存在するものの、現時点ではWEチームは日本には存在していません(ナショナル・チームについては形態が異なるためここでは分けておきます)。

 

そしてWEカテゴリーを対象としたレースとして2015年まではCoupe Du Monde(ワールド・カップ、以下CDM)が開催されていましたが、賞金金額の基準を上げ、以前のCDM格のレースにいくつかのレースを格上げして対象レース数を増やし、昨年(2016年)からウィメンズ・ワールド・ツアー(以下WWT)として年間のシリーズ戦として開催されるようになりました。

シリーズ戦として各レースごとの個人の総合ポイントでの年間表彰が行われます。そしてポイントリーダーにはリーダージャージ。昨年の優勝はメーガン・ガーニア選手。最優秀ヤングライダーはカタジーナ"カシア"ニアドーマ選手。

 

以下は今年のWWTカレンダー。全部で21レース。

ウィメンズ・ワールド・ツアー(WWT)

  • 3/4 ストラーデ・ビアンケ(イタリア)1.WWT
  • 3/11 ウイメンズ・ワールド・ツアー ロンド・ファン・ドレンテ(オランダ)1.WWT
  • 3/19 トロフェオ・アルフレッド・ビンダ - コムーニ・ディ・チッティーリオ(イタリア)1.WWT
  • 3/26 ゲント - ウェヴェルゲム(ヘント - ウェヴェルヘム)・イン・フランダース・フィールズ(ベルギー)1.WWT
  • 4/2 ロンド・ファン・フラーンデレンツール・デ・フランドル(ベルギー)1.WWT
  • 4/16 アムステル・ゴールド・レース(オランダ)1.WWT
  • 4/19 ラ・フレッシュ・ワロンヌ・フィミーヌ(ベルギー)1.WWT
  • 4/23 リエージュ - バストーニュ - リエージュ・フェム(オランダ)1.WWT
  • 5/5 ツアー・オブ・チョンミン・アイランド・UCI・ウィメンズ・ワールド・ツアー(中国)2.WWT
  • 5/11 アムジェン・ブレイカウェイ・フロム・ハート・ディジーズ・ウィメンズ・レース・エンパワード・ウィズ・スラム(アメリカ)2.WWT
  • 6/4 フィラデルフィア・インターナショナル・サイクリング・クラッシック(アメリカ)1.WWT
  • 6/11 ウィメンズ・ツアー(イギリス)2.WWT
  • 6/30 ジロ・デ・イタリア・インターナチオナーレ・フェミニーレ(イタリア)2.WWT
  • 7/20 ラ・コルセ・バイ・レ・ツール・ド・フランス(フランス)1.WWT
  • 7/29 プルデンシャル・ライド・ロンドン・クラッシック(イギリス)1.WWT
  • 8/11 クレセント・ヴォールゴーダ TTT(スウェーデン)1.WWT
  • 8/13 クレセント・ヴォールゴーダ(スウェーデン)1.WWT
  • 8/17 レディース・ツアー・オブ・ノルウェーノルウェー) 2.WWT
  • 8/26 グランプリ・ド・プロエ - ロリアン・アグロメラション(フランス)1.WWT
  • 8/29 ブールス・レンタル・レディース・ツアー(オランダ)2.WWT
  • 9/10 マドリード・チャレンジ・バイ・ラ・ヴエルタ(スペイン)1.WWT

※カタカナ表記は現地発音に近い表記を優先。カレンダー上での表記が開催地の言語とは異なる場合も多く、ベルギーなのに英語の大会名で登録されていたり、ベルギーなのにフランス語で大会名が登録されていたり(ベルギー南部はフランス語圏)。なるべくそれぞれの言語でのカタカナ表記にしました。一番の鬼門だったのは"Wevelgem"で、「ウェヴェルヘム」で通ちゃってますが、実際にそんな発音になる言語は存在しないため英語読みの「ウェヴェルゲム」と補足的に一般的な「ウェフェルヘム」を表記しました。
(1/6追記)実際にベルギーで生活をされていた@yokoroboさんから、現地では"v"は"f"で読んでいないことを教えていただきました。「ウェヴェルヘム」に訂正致します。調べていてたどり着いた発音ファイルはベルギー人ではなくオランダ人が発音したもののようでした。

 

大会名の後ろの1.WWTがワンデイ・レース、2.WWTがステージ・レースです。

ざっと見た限りだと春まではいわゆるクラッシックでイタリアとベルギーとオランダを回ってアメリカに行くあたりまではひと区切りなのは変わらず。

今年からツアー・オブ・カリフォルニアはスラムが大会スポンサーについて、名称がアムジェンのスローガン的なものになっているが、ステージレースであることには変更は無いようです。

 

参加するチームは、女子については男子のワールド・ツアー・チームに相当する括りがないため、開催年の最初のWWTランクング上位20のチーム(ワンデイ・レースの場合、ステージレースは15チーム)が最低限の招待の対象となります。その他は大会ごとのWEチームとナショナル・チームが対象。

(1/10追記)上位20チーム(1月8日付けランキング)

  • ブールス・ドルマンス・サイクリング・チーム Boels Dolmans Cycling Team(DLT)(オランダ)
  • ウィグル・ハイファイヴ Wiggle High5(WHT)(イギリス)
  • WM3・プロ・サイクリング・チーム WM3 Pro Cycling Team(WM3)(オランダ)
  • チーム・サンウェブ(SUN) Team Sunweb(オランダ)
  • キャニオン・スラム・レーシング Canyon Sram Racing(LPR)(ドイツ)
  • オリカ・スコット Orica Scott(ORS)(オーストラリア)
  • サーヴェロ・ビグラ・プロ・サイクリング・チーム Cervelo Bigla Pro Cycling Team(CBT)(ドイツ)
  • アレ・チッポリーニ Ale Cipollini(ALE)(イタリア)
  • サイランス・プロ・サイクリング Cylance Pro Cycling(CPC)(アメリカ)
  • チーム・ヴェロコンセプト・ウィメン Team Veloconcept Women(TVW)(デンマーク
  • ビーピンク・コジアス Bepink Cogeas(BPK)(イタリア)
  • ハイテック・プロダクツ Hitec Products(HPU)(ノルウェー
  • ラレス ・ワオディアルス・ウィメン・サイクリング・チーム Lares - Waodeals Women Cycling Team(LWD)(ベルギー)
  • レンズワールド・クオータ Lensworld-Kuota(LWD)(ベルギー)
  • FDJ・ヌーベル・アキテーヌ・フューチャロスコープ FDJ Nouvelle Aquitaine Futuroscope(FDJ)(フランス)
  • BTC・シティ・ルブジャーナ BTC City Ljubljana(BTC)(スロベニア
  • ロット・ソーダル・レディース Lotto Soudal Ladies(LBL)(ベルギー)
  • アスタナ・ウィメンズ・チーム Astana Women's Team(ASA)(カザフスタン
  • チーム・ティブコ・シリコンバレー・バンク Team Tibco - Silicon Valley Bank(TIB)(アメリカ)
  • セルヴェット・グスタ Servetto Giusta(SER)(イタリア)

 

昨年は実際にWWTとしてのレースを確立できていたのは上位5チームぐらいでしたが、選手の移籍がどうでるのかが気になるところです。

 

最後に肝心の観戦の話。

日本での開催がないため、観戦するには現地へ赴くか(一番近いのは中国の崇明島でしょうか)、ありとあらゆる方法でストリーミングを見つけてきたり、ツイッターの断片的な情報を集めたりになりますが、それゆえの面白さみたいなものがあります。

英語がある程度わかれば、自動翻訳を頼りにかなりの情報を得ることが出来ると思います。

特にサラ・コノリー(Sarah Connolly)さんの"Unofficial Unsanctioned Women's UCI Cycling Blog | A sweary blog about professional women's cycling"には、ほぼ全てがまとまっています。

映像に関してはUCI側で大会ごとのダイジェストをYouTubeにアップされています。また昨年はJ Sportsで放映されている"In Cycle"という番組でも各大会のダイジェストと注目選手のインタビューを放映していたのでこちらも楽しみにしておきたいところです。

UCIのウェブサイトの中にWWT各大会へのリンク集ページも出来ました。こちらもご参照ください。

Road - UCI Women’s WorldTour 

ペナルティ・スケールについて

国際自転車競技連合(以下UCI)の競技規則のうち、「PART12 DISCIPLINE AND PROCEDURES(懲戒及び手続き)」の項目について、個人的に整理してみる試み。

(日本自転車競技連盟(以下JCF)によるUCI競技規則の日本語版はこちらから。

ペナルティの種類

  1. 警告・譴責
  2. 降格
  3. タイムペナルティ
  4. 罰金
  5. 賞金の没収
  6. スタートの拒絶
  7. 失格
  8. 除外
  9. 懲戒
  10. 資格停止(ライセンスの失効)
  11. ポイントランキングの無効
  12. 大陸選手権・オリンピックからの排斥

不公平な事象に対して、そして自転車競技の品位を下げる行為に対してのペナルティを大別するとこのあたりになります。

除外までは主に競技中への出来事への適応。さらに罰金が200CHF未満については異議申し立てが不可(12.1.012参照)。

それ以上の厳しい懲戒についてはいわゆる倫理観に則したもので「UCI内の所管は,スポーツ倫理,モラル,または自転車競技に対する忠誠心に基づいて課される義務を満たさぬ者」を対象としています(12.1.025参照)。

 

そして罰金の行方ついて。

たぶんこのあたりも疑問を持たれている方は多いと思いますが、「競技中の罰金は主催者の所属する国内連盟に」「当該ライセンスを発行した国内連盟に」とあります。そして「その他の罰金はUCIが受け取り,その銀行口座に直接支払われるものとする.」とあります(12.1.013参照)。

UCIでは罰金について非経常なものとして扱っています。2015年の年次報告書では約3800万円(CHF 333,000)、2014年は1億1,200万円(976,000CHF)にものぼっています。2014年との差異についても言及されていますがそのあたりについてはこのエントリーの本筋から外れるのでまた別途。

UCIの年次報告書はこちらから。

 

もしも選手が守るべき規則があるとすれば、「これらの対象となる行為を行わない」ということでしょうか。

5月は606km

明日は雨のようなので今月の総括を。

走行距離は606kmで先月それとなく書いた目標を達成できました。数値的にも少し上がってきて4W/kgに近づいてきたので悪くはない感じ。散々さぼったツケを取り返すには時間がかかるけれどその遅れも楽しめればいいかな、と思います。

6月は梅雨の季節。ここ数日の天気からするとたぶん早めに雨の続く日がありそうなので乗れる日に乗る流れでしょうか。インターバル的なこともやってみたいと思います。

 

きょうは久しぶりに品川方面へ。そして気がついたこと。

「自転車ナビマーク」を導入しました 警視庁

最近道路の左側に自転車の進む方向を示したペイントがあるけれど、果たして機能しているのだろうかと。

f:id:takeoekuni:20160529071047j:plain

ナビマークの先にパーキングメーター。それでもご丁寧にパーキングメーターの間隔の広いところにはナビマークがペイントされていて、今回の政策は道路の設計まではフォローしきれてないことをそれとなく把握しました。

道程は長いけれど、次はこのあたりが少し進化するとよいなあ、と思いました。

4月は

f:id:takeoekuni:20160430073555j:plain

4月の走行距離は300km程度。選手としては話にはならないですが、コンスタントに4週続けて乗れました。

3月後半まで内面的にきつくまったく乗れる余裕がなかったのですが、少しだけ時間の調整が出来たのと、気候がよくなってきたのに助けられた感じです。

レースにはまた程遠いですが5月の走行距離が600km程度になればよいな、と思っています。

 

きょうは入間大橋まで往復しました。

連休に入って荒川サイクリングロードでたくさんの自転車乗りとすれ違いながら思ったのは、いわゆるサイクリングとして公道を走る際に必要な要素として、確実に止まれるということが一番重要なのかなあ、と。

そのあたりについて資料の準備が出来たら書いてみたいと思います。