読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒行

今年最初の荒川詣では吉見運動公園まで。2012saison GP-mistral第5戦の会場まで往復しました。

それほどたいした用事ではないけど、帰宅してからそれなりにやるべきこともあったので5:30には家を出ましたが、この時点ですでに寒さが半端なかったです。

ウインドストッパーの入っていないジャージだったのでまずは腕周辺から痛くなってきました。脚はウインドストッパーが入っているタイツだったのでまだましでしたが、羽根倉橋を渡って河川敷に入ってから、足先の感覚が一気になくなりました。
着ているものが一番薄い、脚の付け根周辺 も冷たいを通り越して痛い感じ。上江橋の中州で一旦休憩を入れざるを得ませんでした。

あとで調べてみたら、この日のさいたま市の最低気温はマイナス4.4℃。ちょうど夜明けにかけて走っていたのと、河川敷という条件からすればもっと寒かったはずで、ウェアの保温力の限界だった模様でした。

そんな中で運動能力が上がるはずもなく、ただの荒行といった感じでしたが、吉見までなんとか辿り着いて参加者の皆さまにご挨拶とエールを送ってすぐに帰宅の途につきましたが、帰りはぐんぐんと気温が上がって暑いぐらいに。

来週はもう少しまともに走れればと思います。