読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その4

その3から続く)

1月23日、土曜日。出発する前にまずは朝食を。

時間もあまりないため会場に向かえる準備をして宿の食堂へ。和食なのだけれど珍しく出された料理が久々に口に合わなかった。ほどほどにして出発。

少し寒くきょうは冬らしい天気。宿のほうが少し高台にあるので伊豆半島との間の航路がよく見える。自衛隊海上保安庁?それらしきグレーの船が航行するのが見える。

 

メイン会場の準備が進む中、フィニッシュラインのゲートが設置されていたので自転車でガッツポーズをしながら通過するとどこからともなく笑い声が聞こえてくる。きょうは抽選会もあるので早くからたくさんの人が集まっている。きのうは無かった飲食のブースも出ているのでまずはひと安心。

スタート時間が近づくとキャラバンの前方の隊列が準備される。チームのサポートカーが入るレースはそうそう無いのでこれだけで盛り上がってくる。

f:id:takeoekuni:20160123074452j:plain

いろいろな車両がいる中、レース中に情報を伝えるインフォメーションのモトは前の運転する人の背中に選手のリストを貼ってすぐに確認できるようにしている。

f:id:takeoekuni:20160123074722j:plain

 

午前は男子アンダー23で119.0kmの10周回。

御神火太鼓のデモンストレーションで盛り上がったあとに定刻にスタート、なのだけれど、ニュートラルを無視してパキスタンの選手がいきなり飛び出す。そこにシリア・アラブ共和国の選手が続こうとしたので第2コミセールカーからけたたましくクラクションが(笑)。

f:id:takeoekuni:20160123075950j:plain

きょうも2周目はきのうと同じ登りで観戦。イラン・イスラム共和国チームを先頭に。

f:id:takeoekuni:20160123081941j:plain

キャラバンの通過を見届けると裏道をつたい海沿いのパームラインへ出てその後の様子を見守る。

レッグウォーマーを着けている選手も多くかなり寒いのだけれどモンゴルチームは半袖の選手がほとんど。見ているほうが肌寒く感じるのだけれど、今のモンゴルはマイナス40℃ほどらしく、彼らにしてみれば日本の冬は全然暖かいらしい。

アジアは広く、温暖な地域のチームは寒さで一気に弱っている。

 

3周目はイラン・イスラム共和国チームを先頭に3名の逃げが形成される。日本チームは小橋勇利選手を送り込んでいる。

f:id:takeoekuni:20160123090945j:plain

少し北上してパームラインのピークで4周目を見るが、引き続き同じ逃げグループが出来ている。

男子アンダー23にもなればチームプレーが行われていて見る側も熱くなる。

 5周目は御神火温泉の付近に戻って見たけれど展開は同じ。ばらけた集団から数名が先頭の逃げに合流を試みている。6周目には合流した模様で日本は徳田優選手が逃げグループに合流。

そろそろメイン会場のほうに戻ろうと元町港から少し進んだところへ移動して、自転車を停めていると、モンゴルチームのスタッフが興味深そうに見ている。シクロクロス用の自転車は珍しいらしい。

7周目。

f:id:takeoekuni:20160123101100j:plain

イラン・イスラム共和国チームがチャンスを作ろうと積極的に動いている。きのうの男子ジュニアのレースではそうでもなかったけど、この年齢になるとフィジカル面で上回っている雰囲気が感じられる。

8周目の終わり。日本はチャンスを逃したのか脱落している模様。ベトナムのHuynh Thanh Tung選手は単騎ながらも上手く流れにのっている。

 

最後の周回へ入る頃にはイラン・イスラム共和国のMehdi Rajabikaboodchesheh選手がほぼ王手を掛けた感じになる。そして余裕のフィニッシュ。 

f:id:takeoekuni:20160123110911j:plain

3位に入ったMohammad Ganjkhanlou選手も早くに勝利を確信した模様。

f:id:takeoekuni:20160123111023j:plain

大島へ渡る船で見かけたイラン・イスラム共和国チームの寡黙さとは違い、彼らの顔に笑みが現れる。そして誇らしげなHuynh選手。

f:id:takeoekuni:20160123113601j:plain

2位のHuynh Thanh Tung選手、1位のMehdi Rajabikaboodchesheh選手、3位のMohammad Ganjkhanlou選手。

 

伊豆大島イラン・イスラム共和国の国家が流れる。これはかなりすごいことなのでは、と感じる。

その5に続く)