読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その6

その5からの続き)

いろいろと最低な土曜日の夜。それでも朝になれば日曜日。一度目が覚めたところで電気を消して少しでも寝ることにする。

 

1月24日。

寝足りてない感じもするけれどスマートフォンのアラームに起こされる。出かけた日と同じように全ての荷物をパッキングして、宿の方にお礼を言って暗いうちに元町港に向かう。

風は強いけれど目の前の大きな月に励まされる感じがする。こうした風景は写真には納まりにくいので心のシャッターを切って胸に焼き付けておく。

上陸した朝と同じように再び「おともだち」へ。ここでの朝食が一番落ち着く。

マスターとまた世間話をする。しばらくすると観戦のために今朝着いた船で島に着いた方が数名来店される。たぶんではあるけれど知り合いの知り合いぐらいの方のようで心強い。

食べ終わって店を出たけれど風が強いのでしばし港の待合室で時間をつぶすことにする。

 

そろそろかな、といったタイミングを見計らってメイン会場へ。日曜日で男子エリートということもあってかなりの方が今朝の船で渡ってきたようだ。知った顔に挨拶をしたりされたり。8メートル近い風をのぞけば晴れで、自分にとっては居心地のいいところに戻ってきた気がする。

 

今朝も同じように「いつもの場所」に移動してスタートを待つ。目の前にモト・コミセールが並ぶといよいよ最後のレースが始まる。男子エリートは154.7kmの13周回。

f:id:takeoekuni:20160124075837j:plain

 そして今朝も定刻にスタート。

f:id:takeoekuni:20160124075952j:plain

 

今回は登り始めへは行かず海沿いのパームラインへ。御神火温泉の駐車場へは降りずにもう少し先の町道との分岐まで移動したけれど突風で波飛沫が強く近寄れない。薄く小さな虹が目の前にできるほどだ。テトラポットに白く波がくだける。

1周目はニュートラルスタートということもあるかもしれないけれど、ラップタイム的にレースの進行が限りなく遅れている。ファーストアタックはマレーシアとベトナムの選手。

f:id:takeoekuni:20160124081918j:plain

f:id:takeoekuni:20160124081928j:plain

 先へ進んで写真を撮りたいのだけれど波飛沫がすごい。まずはカメラに雨用のカバーをつけてアウターウェアのフードを被って大丈夫な態勢を整える。

 

2周目も逃げが続くが集団は活性化しているように見える。そして次の3周目の通過までにイラン・イスラム共和国チームが上手く体制を整えたようだ。

f:id:takeoekuni:20160124085905j:plain

横風をよけるために3人だけでエシェロン(雁行)を作り3番目の選手が門を閉じてリードアウトを保っている。かなり強力なアタックのようだ。

イラン・イスラム共和国の選手は毎年ツアー・オブ・ジャパンであっさりと勝ってしまうような印象があって悪く言われることもあるけれど、こういったところで巧者なのだと思う。

最後尾は全員でエシェロンを形成するほどの突風である。

f:id:takeoekuni:20160124090020j:plain

 

さらに先に進んで大きく曲がるコーナーのある付近へ。4周目はトップグループは変わらず。

f:id:takeoekuni:20160124091605j:plain

f:id:takeoekuni:20160124091611j:plain

トップグループで新城幸也選手とともに周回を重ねる別府史之選手。

 

きょうは周回数が多いので行けるところまで逆回りで観戦してみようと思い大島空港との分岐まで進む。

ちょうどすぐそばにイラン・イスラム共和国チームのスタッフがやって来た。大島へ渡る船で見た近寄りがたい雰囲気もきょうはなく逃げをきめた様子に嬉しそうだ。

f:id:takeoekuni:20160124093625j:plain

5周目の選手の通過のあと、この写真をカメラのモニター画面で見せて"Your team?"とわざとたずねてみた。"Yes!"と返ってきたので、"Very strong!"と返してそれとなくコミュニケーションをとってみる。嬉しそうな笑顔が返って来た。

そして周回数がここで変更になったようだ。トータル10周回の119.0kmに。強風による進行の遅れが影響したようだ。

 

6周目、空港のトンネルまで来たがイラン・イスラム共和国チームの逃げが続く。

7周目は大島一周道路と交差する下り区間の途中まで移動したところで観戦。イラン・イスラム共和国チームの逃げもそろそろ限界のようだ。

 

大島一周道路を元町港方面へ下り再びメイン会場に戻る。向かい風なのでなかなか進まない。8周目の先頭グループは通過した後に到着。

実況では香港のCheung King Lok選手が強力なアタックをした。トラック競技でも活躍しているので、詳しい方から先に名前を教えていただいていたので親しみがある(読み的には「チェンキンロー」や「チェンキンロッ」あたりが正しいようだ)。

 

新城選手が単独で追っているようだけれどタイム差が縮まらない。

f:id:takeoekuni:20160124110735j:plain

メイン会場に響く実況を頼りに最後の瞬間を待つ。差がなかなか縮まらない。

最後は逃げきってCheung選手が優勝を決めた。

f:id:takeoekuni:20160124112718j:plain

もしも距離の短縮がなければ捕まえるチャンスがあったかもしれないけれど、Cheung選手はトラック競技の長距離部門も走る選手。それゆえに持っている引き出しがまた違うけれども、今回は上手く合てはまったのだと思う。

 

表彰台の前に陣取る。きょうは200人ぐらいの人が集まってまたプレスの方が撮影する場所がないほどだ。ところが強引に私の座っている上でドカッと強引に乗って場所をとってくる人がいる。重いんだけど…どうやら香港チームの監督のようである。それならばぜひ、ということで少しだけ場所を空けて"Congratulations! "と言ってみる。

f:id:takeoekuni:20160124115616j:plain

 2位の新城幸也選手、1位のCheung King Lok選手、3位の別府史之選手。

 

香港の国歌(実際は中国の国家と同じだけれど)が盛大に響き、全てが終わった。

 

帰りは新中央航空で調布まで飛ぶ予定だったけれど、風が弱まらない。大会がチャーターした全日空機は着陸できなかったらしい。ただ電話で確認してみると聞き覚えのあるパイロットの声で、

「飛びます!」

と力強い返事をいただく。

大島空港まで移動して自転車を輪行パッキングをして15:30まで時間をつぶす。調布飛行場からの飛行機が着陸できれば、という条件付きなので、何人かはリスクを回避するためタクシーで岡田港に向かって大型客船に乗ったようだ。

しーんとしたフロアで待つことしばし。駄目だったらもう一泊か。もしそうなら少しいい宿を紹介してもらおうかな、などと考えて気を紛らす。

調布からの飛行機は定刻に無事に着陸。これであとは飛んでしまえばこの旅も終わる。

 

 

f:id:takeoekuni:20160124153923j:plain

小さなプロペラ機だけれど、乗り込んでしまえばあまり心配はいらない。励まされるように力強くエンジンが始動する。短い滑走の後、離陸。

f:id:takeoekuni:20160124154512j:plain

さっきまでいた場所が眼下に遠くひろがり少し切なくなる。少し揺れながらも時々うとうととしていると20分ほどで調布飛行場へ。

一刻も早く帰りたいのでタクシーを拾って自宅へ。

「ただいま。」

 

 何回かに分けて公開してきましたが、かなりの方に読んでいただきとても感謝しています。久しぶりに文章を書く楽しさみたいなものも思い出しました。

東京にいながら世界を感じた三日半でした。行きにいっしょになったイラン・イスラム共和国チーム、いっしょに写真を撮って欲しい頼んできたシリアの選手、他にもいろいろな方と片言で話したりでアジアを凝縮した時間はとても素敵でした。

 

伊豆大島は船か飛行機に乗れば案外近いところです。今度は全日本選手権が開催されますが、都合がつくようならそれ以外でも何かの機会にまた行ってみたいと思います。

ありがとうございました。

(翌週、トラック競技を伊豆ベロドロームに観戦に行った話へと続きます。)

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その5

その4からの続き)

午後は個人的メインイベントの女子エリート。107.1kmで9周。

萩原麻由子選手がWiggle High5(以前のWiggle HONDA)で活動するようになって、UCI女子エリートカテゴリーについていろいろなことを少しずつ知るようになった。

ここ2年ほどインターネット上で、主にテキストで追ってきたUCI女子エリートレースを生で観戦できる嬉しさを胸にスタートを待つ。

きのうに比べるとレースとレースの合間に少しだけ余裕があるので、飲食ブースで売られていたおでんを食べて午後のレース観戦に備える。

 

少ない情報の中で知った限りではUCI Women`s Teamで登録をしている選手を揃えているのはカザフスタンと中国。カザフスタンはAstana Women's Teamが、中国はChina Chongming LIV Champion Systemがそのまま参戦しているに等しい。

韓国はUCI Women's Teamに現在登録している選手はいないけれど、ナショナルチームでの活動がメインのようだ。鍵を握っているのはこの3チームという予想。

 

定刻にスタート。

f:id:takeoekuni:20160123115954j:plain

 

1周目が終わったキャラバンを今回も同じ登り始めで見届けることにする(実際に走って感じることとは違うかもしれないけれど、現地で見た限りのことで状況を書いてみる)。

カザフスタンのNatalya Sokovnina選手がペースを作っているように見える。続いて韓国のLee Jumi選手とKim Hyunji選手。その後ろに坂口聖香選手。

f:id:takeoekuni:20160123122244j:plain

まだ集団はひとつになっていて、こぼれた選手も少なくキャラバンの通過は早い。見届けるとルーチンワークのように再びパームラインへ。

風速は4メートルほどで、海沿いはやや追い風。集団はひとつ。

f:id:takeoekuni:20160123124009j:plain

 

ヘリコプターを使った空撮を行っているらしく、キャラバンがどのあたりにいるのか遠くから分かるのは非常にありがたい。次の周回が来るまでにパームラインを北へ。

 

パームラインのピークを過ぎた先に少しだけ遠くに下り坂が見えるポイントがあったのでここで写真を撮ろうかな、と思い道路の反対側に場所を探す。公式カメラマンの田中苑子さんが先着されていて同じほうへレンズを向けて待機していた。

田中さんの撮影するプロトンと風景の写真が好きなので、同じ場所を見つけたのはちょっとうれしい。

邪魔にならないようにもう少し先の田中さんのファインダーの死角になる場所へ移動する。

 

それにしても牽制がかかっているのか3周目は恐ろしくレースの進行が遅い。通り過ぎたレースディレクターが少し先で完全に車を止めてしまって選手が来るのをしばらく待ってしまったぐらいである。

f:id:takeoekuni:20160123125837j:plain

そしてようやく遠くに通過するプロトンを確認。

f:id:takeoekuni:20160123125936j:plain

目の前を集団が通過していく。

f:id:takeoekuni:20160123130029j:plain

このコースだと早くにリストラが行われるかと思ったけれど牽制がかかっているようだ。

 

少しメイン会場から遠くまで来てしまった感じなので、次の周回が来るまでに御神火温泉のそばまで急いで戻る。

4周目も集団はひとつ。この周はペースが上がった感じでカザフスタンと韓国が先頭。観戦仲間の知り合いもきたので世間話をしつつ、同じ場所で次の周回まで過ごす。

5周目、ようやく逃げが形成。カザフスタンのMakhabbat Umutzhanova選手を先頭に4名が先行。韓国のKim Hyunji選手、ベトナムのNguyen Thi That選手、そして日本の金子広美選手。

f:id:takeoekuni:20160123135023j:plain

ようやくレースらしくなってきた。後方では中国チームが3人使ってアタックを潰しにかかっているような雰囲気。

 

フィニッシュまでにメイン会場へ少しずつ戻ることに。次の6周目、目の前を選手が通過するまでには先ほどのアタックは吸収されて再び集団はひとつに。韓国はLee Jumi選手が積極的に動いている。

7周目は大島警察署の前の交差点で観戦。カザフスタンのNatalya Sokovnina選手が再び積極的に引き韓国が全力でチェックする流れに見えた。

f:id:takeoekuni:20160123143843j:plain

金子選手が萩原選手を手厚くアシストしている。

f:id:takeoekuni:20160123143847j:plain

 

メイン会場に戻りフィニッシュを待つ。8周目に入っているため次に選手を見るときは最後の周回に入るタイミングになる。実況で萩原選手と韓国のNa Ahreum選手が逃げていることを知る。さらに二名が合流したと。

 

情報は耳に入る実況だけである。気が気でない。そして最後に目の前でスプリント勝負をNa Ahreum選手が下す。

 戦略的に成功したのは韓国。日本には最後の局面でよいカードが回ってこなかった。攻め続けたカザフスタンも然り。レースとは水物なのだと思う。

 

目の前で起こった出来事が上手く心の中で整理できないけれど、萩原選手が3位に入ったので急いで表彰台の前へ移動する。きょうは抽選会もあるのできのうとは違いあっという間に100名近い人が。ゴール後の囲み取材をしている後に来たメディアの方が撮影場所を確保出来ないほどに人が集まっている。

f:id:takeoekuni:20160123154646j:plain

2位のPu Yixian選手、1位のNa Ahreum選手、3位の萩原麻由子選手。

 

表彰式の最中に大粒の涙がひとつ、萩原選手の頬を伝う。きょう見たかったのはそれではないのだけれど。韓国の国歌が流れ終わると出来る限り大きく拍手をしてみる。

韓国ナショナルチームが勝利を祝い記念撮影をしている。

f:id:takeoekuni:20160123154819j:plain

左からGu Sungeun選手、優勝したNa Ahreum選手、Kim Hyunji選手、 Lee Jumi選手。

 

朝食のことを引きずっているのか宿にあまりいたくない。宿に戻るとまずは明日の朝食がいらない事を丁寧に告げる。

どこに向かおうか決めかねたまままた宿を出てひたすら歩き続ける。

 そして土曜日だというのにきょうは店もほとんど開いていない。歩き疲れた先に見つけた元町港のベンチに腰をかけ、暗くなるまできょう撮影した写真を眺めて気持ちを整理していた。

 この寂しさはなんだろう。急に早く家に帰り家族に会いたくなってしまった。いまここに一人でいる事を申し訳なく思う。

 

そして夕食にありつけないことがなおさら辛くさせる。スーパーで手に入れたヤマザキのランチパックと魚肉ソーセージが夕食になる。とてもひどい気分で早く家に帰りたい。

 

電気をつけっぱなしたまましばらくうとうととする。

その6へ続く)

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その4

その3から続く)

1月23日、土曜日。出発する前にまずは朝食を。

時間もあまりないため会場に向かえる準備をして宿の食堂へ。和食なのだけれど珍しく出された料理が久々に口に合わなかった。ほどほどにして出発。

少し寒くきょうは冬らしい天気。宿のほうが少し高台にあるので伊豆半島との間の航路がよく見える。自衛隊海上保安庁?それらしきグレーの船が航行するのが見える。

 

メイン会場の準備が進む中、フィニッシュラインのゲートが設置されていたので自転車でガッツポーズをしながら通過するとどこからともなく笑い声が聞こえてくる。きょうは抽選会もあるので早くからたくさんの人が集まっている。きのうは無かった飲食のブースも出ているのでまずはひと安心。

スタート時間が近づくとキャラバンの前方の隊列が準備される。チームのサポートカーが入るレースはそうそう無いのでこれだけで盛り上がってくる。

f:id:takeoekuni:20160123074452j:plain

いろいろな車両がいる中、レース中に情報を伝えるインフォメーションのモトは前の運転する人の背中に選手のリストを貼ってすぐに確認できるようにしている。

f:id:takeoekuni:20160123074722j:plain

 

午前は男子アンダー23で119.0kmの10周回。

御神火太鼓のデモンストレーションで盛り上がったあとに定刻にスタート、なのだけれど、ニュートラルを無視してパキスタンの選手がいきなり飛び出す。そこにシリア・アラブ共和国の選手が続こうとしたので第2コミセールカーからけたたましくクラクションが(笑)。

f:id:takeoekuni:20160123075950j:plain

きょうも2周目はきのうと同じ登りで観戦。イラン・イスラム共和国チームを先頭に。

f:id:takeoekuni:20160123081941j:plain

キャラバンの通過を見届けると裏道をつたい海沿いのパームラインへ出てその後の様子を見守る。

レッグウォーマーを着けている選手も多くかなり寒いのだけれどモンゴルチームは半袖の選手がほとんど。見ているほうが肌寒く感じるのだけれど、今のモンゴルはマイナス40℃ほどらしく、彼らにしてみれば日本の冬は全然暖かいらしい。

アジアは広く、温暖な地域のチームは寒さで一気に弱っている。

 

3周目はイラン・イスラム共和国チームを先頭に3名の逃げが形成される。日本チームは小橋勇利選手を送り込んでいる。

f:id:takeoekuni:20160123090945j:plain

少し北上してパームラインのピークで4周目を見るが、引き続き同じ逃げグループが出来ている。

男子アンダー23にもなればチームプレーが行われていて見る側も熱くなる。

 5周目は御神火温泉の付近に戻って見たけれど展開は同じ。ばらけた集団から数名が先頭の逃げに合流を試みている。6周目には合流した模様で日本は徳田優選手が逃げグループに合流。

そろそろメイン会場のほうに戻ろうと元町港から少し進んだところへ移動して、自転車を停めていると、モンゴルチームのスタッフが興味深そうに見ている。シクロクロス用の自転車は珍しいらしい。

7周目。

f:id:takeoekuni:20160123101100j:plain

イラン・イスラム共和国チームがチャンスを作ろうと積極的に動いている。きのうの男子ジュニアのレースではそうでもなかったけど、この年齢になるとフィジカル面で上回っている雰囲気が感じられる。

8周目の終わり。日本はチャンスを逃したのか脱落している模様。ベトナムのHuynh Thanh Tung選手は単騎ながらも上手く流れにのっている。

 

最後の周回へ入る頃にはイラン・イスラム共和国のMehdi Rajabikaboodchesheh選手がほぼ王手を掛けた感じになる。そして余裕のフィニッシュ。 

f:id:takeoekuni:20160123110911j:plain

3位に入ったMohammad Ganjkhanlou選手も早くに勝利を確信した模様。

f:id:takeoekuni:20160123111023j:plain

大島へ渡る船で見かけたイラン・イスラム共和国チームの寡黙さとは違い、彼らの顔に笑みが現れる。そして誇らしげなHuynh選手。

f:id:takeoekuni:20160123113601j:plain

2位のHuynh Thanh Tung選手、1位のMehdi Rajabikaboodchesheh選手、3位のMohammad Ganjkhanlou選手。

 

伊豆大島イラン・イスラム共和国の国家が流れる。これはかなりすごいことなのでは、と感じる。

その5に続く)

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その3

その2から続く)

正午からは男子ジュニアのレース。107.1kmの9周回。

女子ジュニアのレースの表彰式が終わると出走時間まで少ししか時間がなく、あっという間朝と同じように前方に入るニュートラルカーやモトが隊列を整える。

定刻にスタート。

f:id:takeoekuni:20160122115949j:plain

レースの行方を心配するよりも自分の昼食をどうするかが最大の問題になってしまっているのだけれど、会場周辺には特にお店もない。困った。あとで港のほうに下るまで我慢するしかないか。

 

女子のレースと同じように2周目は登り始めでキャラバンを待つ。

ファーストアタックはイラン・イスラム共和国チームを先頭にカザフスタンが優位か。その中に日本ナショナルチームから花田聖誠選手が食らいつく。

f:id:takeoekuni:20160122121815j:plain

プロトンが通り過ぎると一刻も早くこの空腹をなんとかしたく、メイン会場付近に停めておいた自分の自転車で港のほうへ。

 

キャラバンの通過までに何か食べるものを探しに出かける。ガソリンスタンドの先を曲がった広い道路にあったお店に駆け込む。食料品店ではなく雑貨店だったためちょっと失敗した感じもあったけど、運よく個包装のブラウニーがあった。時間もあまりないのでこれでいいかな。

急いで買って、3周目終盤の選手の通過を見る。粒が揃っているのはカザフスタンのようだ。

 

港まで下りきってパームラインの手前で先ほど買ったブラウニーを一気に食べる。

そして通過するキャラバン先頭でモト・コミセールもマビックのニュートラルサービスから何か受け取っている。こちらも補給タイムの模様。

f:id:takeoekuni:20160122131223j:plain

4周目は小野寛斗選手がアタック。イランから1名が反応した状態で目の前の通り過ぎる。日本チームも上手く動けている感じがあって頼もしい。

そのままパームラインのほうへ移動してみる。海を隔てて向かいには伊豆半島、そして南には利島と新島がそれほど霞むことなく見える。穏やかな海を眺めていると多くの心配ごとはどうでもよくなる。

 

金曜日の午後なのでさすがに観戦されている方は少ないけれど、伊豆大島在住の方に声をかけていただきしばし会話。

「どちらから来られたの?」

「あ、練馬ですね。」

「ああ、東京からですか!」

伊豆大島も東京都なのですよね、と少し微妙な心持ちになるけれど。

 

御神火温泉沿いのカーブは海とペロトンが撮影できそうな雰囲気。そして5周目のペロトンの通過にカメラを構え撮影する。

f:id:takeoekuni:20160122133130j:plain

日本ナショナルチームカザフスタンが上手くコントロールしている。

 

そろそろフィニッシュラインのほうへ戻ることにする。6周目と7周目は日本がコントロールしていたけれど、8周目の終わりまでにカザフスタンのDinmukhammed Ulysbayev選手とベトナムのThai Phan Hoang選手が上手くエスケイプした模様。

 

最後はUlysbayev選手が1位でフィニッシュ。かなり手前で勝利を確信したようで、スプリントで加速しながら叫びながらガッツポーズ。そして3位は花田選手が単独でフィニッシュ。 f:id:takeoekuni:20160122145105j:plain

ジュニアカテゴリーはいわゆる高校生になるけれど、国の代表でもある。自分の高校生の時なんて今でいう引きこもりの境目にいるような、いわゆる落ちこぼれだったなあ、とかそんなことを漠然と思い出す。素直に羨ましく思う。

 

表彰式でカザフスタンの国歌を初めて通しで聞いたけど、壮大な感じのメロディーなのは厳しい風土から生まれる感じなのだろうか。

 

f:id:takeoekuni:20160122151716j:plain

レースが終わるとコース上にあったバリアーが撤収されて一部を残し路上に日常が戻ってくる。

 

そしてコインロッカーに預けていた荷物持って、最初に観光協会の事務所へ行き、宿泊の割引券を発行してもらう。きょうのレースを観戦したのかどうかなど、いろいろたずねつつ世間話をする。地元の人とのふれあいもまたロードレース的な何かなのだな、と思う。

予約しておいた宿へ行く。予想はしていたけれどいろいろと古い建物で、なぜか火鉢が炊かれていて煙い。6歳ぐらいまで親戚の家に火鉢があったことを思い出したけれど、こんなに煙いものだったけかな。

夕食は同じチームに所属する柳瀬さんに教えていただいた寿し光さんへ。一日中レースを追うのは体力がいるけれど、気持ちは満たされつつ最初の日は過ごせた。

(その4へ続く)

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その2

1月21日の夜に出発して伊豆大島に行ってきました。久しぶりのひとり旅だったのでいろいろと記憶に残るものも多かったので何回かに分けて書き留めておこうと思います。

 

その1からの続き)

1月22日、早朝。

大型客船を下船して持参した自転車を組み立てて元町港へ。昨年のリハーサル大会できたときに激しく寒かった記憶があったけど、暖冬の影響なのかそれほどでもない。

岡田港から元町港へ抜けるにはいきなり平均10%近い坂を登ることになる。ピークの郵便局のある場所まで途中少し緩やかにはなるけれど、港からの1.4kmの勾配は平均7%程度はある。寝起きではあるけれど気持ちに任せて登っていく。

一度登ってしまえば、途中ゆるやかな登り返しがあるだけでほぼ下り基調で元町港までたどりつける。

途中からコースの一部になっていていたるところに案内があり、メイン会場の大島支庁の前にはすでに表彰台の準備もできていて現地に来たことを実感する。

 

まだ朝早いのでいったん港まで下りきって、すぐそばの「おともだち」というお店へ。ここは朝6:00から営業しているので昨年も立ち寄ったところ。朝定食の中から焼き魚定食を注文してまずは腹ごしらえ。

マスターにいろいろと昨日までのタイムトライアルの模様について聞かせていただく。現地でも交通規制以外の情報がないようで、誰が走っているのかわからないという。島内で配布されているフライヤーを取り出し、

「この人は走っていたけどねえ。」

と、萩原選手の写真を指差してくれる。嬉しくなってつい無駄にしゃべってしまう。

 

元町港の待合室のコインロッカーにカメラ以外の荷物を預けて、ちょっと早いけど再びメイン会場のほうへ。

f:id:takeoekuni:20160122080315j:plain

お手製の応援バナー。

f:id:takeoekuni:20160122072750j:plain

電柱には距離表示の他、選手がボトルやゴミなどを「置ける(レギュレーションに従ってそう表現するけれど)」グリーンゾーンの表示やフィードゾーンの表示が出ていたり。

平日の金曜日の朝なので、通勤の車や通学の小中高生が日常として通り過ぎるのを眺めながら時間をつぶす。全ては見れないけれど、交通規制をして行われるレースの準備の様子に少しだけお祭りのような雰囲気を感じながら通り過ぎている。

 

きょうはIDカードもないただの観客である。あくまでも観客の目線でしか見れないけれど、それ故の気楽さみたいなものもある。気楽さの継続のためにはID規制されたエリアの中のことを気にしないでおくのが一番だと思う(そして無駄に近づかないことも)。

 

設営も終わり、最初のレースは女子ジュニア。

何故わざわざ有給休暇を取得してまで金曜日から来たのかというと、ジュニアのレースを一度観戦しておきたかったから。将来の輝きのきっかけがきっとあるに違いないと思ったから。

コースは1周11.9kmで、71.4kmなので6周回。

f:id:takeoekuni:20160122085745j:plain

定刻にスタート。

スタートしてすぐに右折して車一台がやっとの細い登りへと入るので、そこのわずかなスペースで最初は見ることにした。1周目が終わって選手が来るアナウンスが遠くに聞こえる。

規制予告の先導車に続いてキャラバンの隊列が続く。レースディレクターカーやモト・コミセール、ニュートラルサービスが過ぎて最初に現れたのは台湾の選手ともうひとりは日本ナショナルチームジャージ。

f:id:takeoekuni:20160122092438j:plain

現地でもインターネット上の大会サイトで配布されているコミニュケ以外には誰が出走しているのかはわからないけれど。どうやらChang Ting Ting選手と下山美寿々選手の模様。

f:id:takeoekuni:20160122092502j:plain

続いてタイのChaniporn Batriya選手とウズベキスタンのOlga Jantuganova選手が追う。

f:id:takeoekuni:20160122092522j:plain

そして香港チームを中心に集団には細谷夢菜選手。

この時はまだ下山選手の力を知らなかったので「いきなりのアタックはどうだろう」と思いながら、キャラバンが全て通過したのを見計らって、海沿いのパームラインまで自転車で移動する。裏道をつかえば御神火温泉の脇まで出られる。

2周目の終わりに間に合った。問題なく先頭は二人でローテーションをしている。後続は一度捕まったのか、タイの選手と香港の選手の二人になり、その後ろが集団。

3周目はパームラインのピークのあたりへ移動して見ていたけれど、下山選手のほうが引いている雰囲気。続く4周目は元町港の手前まで戻って見ていたけれど、下山選手のほうが前へ出たがっている雰囲気すら感じる。頼もしい。

f:id:takeoekuni:20160122102713j:plain

そこまで見終わったところで、残り周回数も少ないので5周目はフィードゾーンを過ぎたフィニッシュライン200m手前まで戻って見たけれど、ここでも余裕が感じられる。そして集団とのタイム差を大きく広げている。

Chang選手は女子ジュニア個人タイムトライアルで優勝しているのでかなりの脚力はあるはず。

そしてフィニッシュラインへ再び戻り再度の勝負を見届ける。途中で大きくばらけることなく最後はスプリント勝負だったけど、下山選手が先着して優勝。集団とは6分以上も開けてきた。

そして逃げていた二名を吸収して集団もスプリント勝負だったけど、こちらも細谷選手が脚力を生かして3位。

そして表彰式へ。

表彰のアジアチャンピオンジャージに勝者が袖を通す瞬間を目の前で見れたことも素晴らしかったけれど、国旗掲揚君が代が流れると、ああこれが国際大会なんだな、と実感する。

これだけれでも来てよかったと思う。

 

もうお昼近い。

すぐに今度は男子ジュニアのレースが始まろうとしているのだけれど、飲食のブースが何もなく食事に困ってしまった。次のレースも全て追いたいので空腹を我慢してスタートの様子を撮影するために移動する。

その3へ続く)

アジア自転車競技選手権大会ロードレース観戦紀行・その1

1月21日の夜に出発して伊豆大島に行ってきました。久しぶりのひとり旅だったのでいろいろと記憶に残るものも多かったので何回かに分けて書き留めておこうと思います。

 

アジア選手権が日本で開催される話を聞いたのはおととしのこと。

それ以来、昨年の今時分に伊豆大島で開催されたリハーサルのタイムトライアルの大会を観に行って完全に気持ちが高まってしまい、これは絶対に行かねばと半ば義務のような気持ちも芽生え、1年ほどかけて少しずつ行けるための準備をしてきました。

 

出発の日は夕方から勤務先の食事会があったのですが、ほどほどで切り上げさせてもらい、職場で着替えてからカメラと島内での移動に使う自転車を手に竹芝桟橋へ。出航の1時間前には到着したのですが、待合室にはざっと30名程度…

冬の平日の大型客船は釣りに行く人と、仕事で大島へ行かれるか戻るのであろう人達で観戦らしき人は自分だけ。ただ、いくつかのキャリーバッグとヘルメットが載った荷物の番をされている方がいてちょっと気になるところ。

 予約しておいたチケット引き換え、待合室でしばし時間をつぶす。

 

 そして乗船開始時間が近づくと数名の揃いのダウンジャケットを着た人達が待合室に来たので見るとズボンには見覚えのあるタブリーズ・ペトロケミカルのロゴ。イランナショナルチームのメンバーでした。

彼らは物静かに佇んでいて顔には笑みもない。遠目に見ているだけでこちらの背筋を伸ばざるを得ないような真面目な雰囲気である。 

 

乗船開始時間になったので自転車を持って昨年と同じさるびあ丸へ。イランナショナルチームの自転車であろう段ボールがCデッキのホールに先にあり、置ける様子もない。二等船室のあるDデッキのホールへ案内され自転車はそこへ置くように言われる。

寝床となる特2等のベッドを確認して、それほど寒くはなかったのでデッキで時間をつぶしていると出航5分前のドラが鳴り響く。ドラの音が鳴り終わるのを確かめるように、乗船の催促の放送が流れる中、静かにイランナショナルチームのメンバーが乗船。

タラップの照明が消えると定刻に出航。

 

しばらくはデッキで東京湾の景色を楽しむ。

f:id:takeoekuni:20160121220230j:plain

本当は乗りたかった橘丸。

f:id:takeoekuni:20160121221211j:plain

レインボーブリッジをくぐり羽田空港の横を過ぎる。

100人も乗船していないようなので誰もデッキに出てこない。船内に戻り少しだけホールをぶらぶらとして、ベッドへ戻って横になった。消灯時間になってうとうととしたけれど久しぶりのひとり旅でやや興奮気味でなかなか寝付けない。

 

断片的に眠っているうちに朝になった。

 

大型客船は夜通し航行しているわけではなく、早い時間に伊豆大島のそばまできて港が開く明け方まで停泊している。背中からベッド越しにエンジンが始動する音が伝わってくる。そろそろベッドを出て身支度をする。 

どうやらイランチームは同じ特2等だったようで、トイレの洗面台で歯をみがいているとミルサマ・ポルセイエディゴラコール選手が入ってくる。不思議な体験だ。

 

Dデッキまで自転車を取りに行き、下船のためにBデッキまで戻るとイランチームのメンバーが集合していて乗船したときと同じように礼儀正しく立っている。

定刻に岡田港に到着。先に下船をして様子を見ていたら、彼らは乗船したときと同じように、全員が下船したのを確認してから最後に下船をした。

ひとり旅でやや浮かれ気味であったけど、彼らのおかげで気が引き締まったのは逆に幸いだったかもしれない。

 

輪行袋から自転車を出し、自走で元町へ。

その2へ続く)

2015年を振り返りつつ、お金について考えてみた

ちょっとだけ冗長な話になりますが、今年の活動のまとめと使ったお金のことについて書いてみました。

 

まずは今年参加したレースとリザルト一覧。

1月11日 GP-mistral Season 2014 第4戦(吉見総合運動公園)
MASTER-40 31位(出走35名・完走35名中・走行85%)

2月1日 シクロクロス千葉2015 in 幕張海浜公園幕張海浜公園 D・Eブロック)
マスターズ18位(出走18名・完走18名・-1LAP)

2月7日 シクロクロス東京2015(東京都港区お台場海浜公園特設コース)
マスターズ30位(出走54名・完走53名・走行79%)

2月15日 GP-mistral Season 2014 第5戦(吉見総合運動公園)
MASTER-40 21位(出走39名・完走39名中・走行92%)

4月25日 第7回 JBCF 群馬CSCロードレース Day-1(群馬サイクルスポーツセンター
E2クラスタ DNS

9月6日 第5回 JBCF タイムトライアルチャンピオンシップ(渡良瀬遊水地
E2クラスタ 85位(出走94名/完走94名)

11月15日 練馬区民体育大会(西武園競輪場)
総合16位(出走39名/完走39名)年代別5位(出走8名/完走8名)

11月29日 Raphaスーパークロス野辺山(滝沢牧場)
CM2 38位(出走74名・完走70名中・走行83%)

今年を振り返ると「怪我さえしなければ」というのが一番でしょうか。群馬のレースをふいにしてしまいました。自転車以外のことでした怪我ではあるけれど、日常の過ごし方について改めて猛省が必要でした。

まとまった練習時間は無いので順位を上げるためにはさらなる工夫が必要。

順位はいまひとつ、いやイマサンぐらいですが、それでも続けている中でよかったことは家族を連れ出すことが出来ていることでしょうか。シクロクロス東京2015のときは子守を口実にして両親に観戦にきてもらいました。Raphaスーパークロス野辺山は家族での小旅行も兼ねて参加できるので来年も出たいと思います。

またレースでは多くのご声援をいただき励みとなりました。ありがとうございました。

来年もJBCF・Jエリートツアーは引き続きE2クラスタとなります。AJOCCはCM3のままです。

 

 

今年は観戦も少し増えました。

東京都内で開催された日本学生自転車競技連盟のふたつのレースのうち、第九回明治神宮外苑大学クリテリウムはアクセスが非常に容易で、割と気軽に午後にふらりと出掛けて熱いレースが観戦できたので来年もまた観たいと思います。

f:id:takeoekuni:20150308145133j:plain

全日本選手権自転車競技大会は栃木県で開催されたロードタイムトライアルとロードレースや伊豆ベロドロームでのオムニアムなど、選手としては走ることはなかった場へ足を運べたことは現場でないと感じることが出来ない多くのことに触れられてよかったと思います。

そして突発的に伊豆大島まで出かけた2015東京都個人ロードタイムトライアル大会は来年1月の2016アジア自転車競技選手権大会の観戦へと繋がるよいきっかけとなりました。

f:id:takeoekuni:20150118091419j:plain

(今年大活躍だった「世界の」萩原麻由子選手。)

 

そしてお金の話。

よくあるアンケートで「何にお金をつかいましたか?」というのがありますが、具体的な話をします。

今年の活動は予算制にしてみました。出所が家計の一部となるので浪費しないようにしたいと思った次第です。

昨年使ったお金を元に500,000円を上限としました。活動費としていろいろと使ったお金を書き出してみましたが、総額で323,971円がかかりました。

機材の更新はホイールを予定していましたが結局は行わず、消耗品(タイヤやチューブの比率が高かったです)やアパレルや書籍で92,709円を使いました。新しい製品が発売されるとついつい欲しくなりますが、我慢できたようです。

登録料やエントリーフィーの合計は78,210円で全体の24%程度でした。

そしてもっともかかったのは交通費の112,622円でこれだけで3割強、宿泊費の40,430円を含めると半分近くが移動することにかかっている計算になります。

活動のスタイルによっても変わるのでしょうが、自転車競技に打ち込むほどに一番儲かっていくのは実は交通インフラという個人的な結論に達しました。開催されている場所に移動することに一番コストがかかっているようです。

 

地域のチームとして近い拠点に集合して揃って出掛けられるなら「割り勘」という方法もとれますが、住む場所も異なりネットワークの繋がりを軸としたサテライトなチームに所属しているのでこうした結果になるのかもしれません。

東京都内ぎりぎり23区内に該当する場所に住んでいますが車を使うことはそう多くなく、ほぼレースの時だけです。

かつては車を持っていましたが、いつしか車検と保険でかかるお金がのほうが車を借りるお金よりも多くかかるようになり、車は手放してしまいました(もちろん車を持つのはひとつのステイタスとは感じていますが、先立つものが、と)。

 

じゃらんがスポンサーについていて、栃木スバルサプライヤー那須ブラーゼンはそういった意味ではよい広告効果が出ているのでは、などと思ってみました(じゃらんは時々使っています)。

f:id:takeoekuni:20150118100906j:plain

(来シーズンは移籍しますが那須ブラーゼンの佐野選手。伊豆大島にて。)

 

そしてカーシェアやレンタカー関連企業、そして鉄道各社の方々には自転車競技の側に寄り添っていただけるとよいのでは、みたいなことを一方的に思いました。

自転車を積んで移動することに特化した新しいサービスが生まれないものでしょうか。

 

来年の全日本自転車競技選手権大会のロードレースとロードタイムトライアルは伊豆大島での開催ですが、特殊なロケーションのため競技者も観客もツアーのみでの移動という新しい試みが行われようとしています。

来年の2月1日にツアーの募集が開始されますが、動向が気になるところです。

 

そして観光地で自転車レースを開催しても必ずしも地元にお金が落ちるわけではないような話題にも触れてみたくなりましたが、長くなりましたのでひとまずこのあたりで。